Staff Blog

2020.10.27

女子大生とセックス

 「私、人にマンコ見せたことないよ。露出狂じゃあるまいし」

女子大生のKちゃんが言っていた。
「男はパンツ脱げばチンコ見られるけどさ、女は股の間に隠れているんだから、力づくでもない限り、見られることはないでしょ」
なるほど。つまり、それは本人が他人にマンコを見せようとしたことがない・・・つまり、処女か!処女なのですか!
女子大生とセックスしたくて、エロチャット界隈でエロトークしまくっていたのだが、そこにいたのがKちゃんだった。「バストはワンカップ」とかのたまう酒飲みの自称女子大生の21歳だった。
「女子大生なんて親が富裕層でもない限り、一番お金がない生き物なんだよ」
Kちゃんは度々そんなことを言っていた。これは、暗に援助を求めているのかな?と思った。よくよく考えてみると、ここはエロトーク専門のエロチャットサイト。エロに興味がなければ、こんなところにいるわけないのだ。
そこで「女子大生と言うブランドでいくらでも稼げるでしょ。マンコ見せてくれたらお金あげようか?」と言ったら、そんな返事が返ってきたのだ。
処女の女子大生!!こんなセックスアピール溢れる肩書があるだろうか。もうチンチンブルブル絶好調になって、何としてもKちゃんを落としてオフパコにこぎつけようと口説き続けたのである。
こうして、Kちゃんと実際に会えたのは1か月後だった。いきなり、女子大生とセックスは敷居が高いかな?と思い、まずはお酒を飲む約束にした。まあ、お酒も入るし雰囲気さえできれば僕の方はいつでも処女を頂く準備はある。
実際に会ったKちゃんは、ちょっとキツネ顔な目立たない子だったが、処女の女子大生ブランドに変わりはない。
「ありがとね」と、お酒を飲みながらKちゃんはなぜかお礼を言ってきた。
「女子大生と言うブランドで稼げるって言ってたじゃん。そんなもんかなあ、とマッチングアプリで「女子大生です」って登録したら、ガンガン誘いが来てさ。おかげで酒代を捻出できたよ」
・・・つまり、もう処女ではないんだね。そんなぼろい商売を教えてくれたお礼に、とKちゃんにおごってもらったお酒がやたら苦かった。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリーリスト

フィード

ブログ内検索